仕事上での商談や接待には和風の個室

仕事上での商談や接待には和風の個室

企業にとって平成時代の今までは不景気との戦いを余儀なくされた時代でしたが、公共の時ほどの需要はありませんが不況の中でも企業は大切なお客様の接待や重要な商談などがあるものです。

 

名古屋での二次会にはこちらが便利

 

現代の仕事の進め方には企業間の情報交換も連絡もインターネットが使われる時代ですが、最終の契約に至るまでには相互に出会って内容の詰めと同時にお互いの顔を合わせ最後の詰めを行う必要があります。

 

事務レベルでは会社の会議室などで細かく詰めて行けますが、相互に信頼感を構築するにはトップ同士と担当者同士が飲食店などのソフトな雰囲気の中で美味しい料理と酒を酌み交わしながら人間性の確認をすることが大切になります。

 

http://yokohama-agura.com/

 

このような企業の接待や商談には日本の会席料理を和風の個室で食べるのがお勧めになります。
現在の日本人の普段の家庭料理や外食においてはスパゲティーやコロッケ等の洋食系や餃子などの中華風の料理が増えております。

 

素材の面でも牛肉や豚、鶏の肉の献立が多くなっていますのですが、本格的な日本の懐石料理などのプロの料理はめったに食べられません。
また、畳と襖、障子に床の間の有る和室で中居さんのサービスで食べる日本料理は不思議に企業同士の会食には高級感と同時にお互いに親しみを感じられる雰囲気が有るのです。

 

ALOHA TABLE Hoshigaoka Terrace

 

特に相談の相手に外国企業の外国人が入っている時には更に効果的になります。
格式の有る和室でお互いに日本酒を酌み交わす風習が長く続いているには、それなりの効果があるという事なのです。